「源氏物語絵巻 第二十一帖 乙女」

genji21-s

“Genji Monogatari Emaki no.21 Otome”
源氏の新しい邸、六条院が完成しました。四季の町からできており春は紫の上、夏は花散里、秋は秋好中宮、冬は明石の上が住んでいます。
秋になると秋好中宮の庭は紅葉が色づきました。
中宮は、秋の草花を取り混ぜたものと紅葉を女童に持たせ、紫の上の元へ届けました。
(12×13.5cm)


「源氏物語絵巻 第二十一帖 乙女」」への2件のフィードバック

  1. hirono

    紅葉が美しいですね。
    作品全体から秋の風情が漂ってくるようで素敵です。

  2. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    数種類の友禅和紙の柄を組み合わせて、秋好中宮の暮らす御殿の庭園の風情を表しました。
    流水は紅葉を引き立ててくれます。

コメントは停止中です。