「源氏物語絵巻 第二十九帖 行幸 」

genji29-s

“Genji Monogatari Emaki no.29 Miyuki”
十二月のこと、大原野に冷泉帝が行幸されることになり世間でも評判になっています。
玉鬘も見物に出かけました。
帝の美しさをご覧になり、玉鬘は宮仕えに心惹かれます。
(12×13.5cm)


「源氏物語絵巻 第二十九帖 行幸 」」への3件のフィードバック

  1. hirono

    わぁーすごく立派な作品ですね。
    色とりどりで美しいですし、もう単純にすごいなぁと思いました。

  2. binca

    とても美しいという評判だった冷泉帝と、絢爛な当時の文化の様子が脳裏をかすめます。
    とても素晴らしい作品ですね。
    まるで玉鬘のように心惹かれるものがあります。

  3. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    色取りがうまくいってよかったです。
    光源氏に似た帝の姿を、薄っすらと積もった雪景色の中でも周囲が春のように華やぐ様を表現してみました。
    bincaさん
    ありがとうございます。
    十二月の雪のちらつく日のことです。
    この冬の最中でも、早朝から行列を見ようと人々が詰めかけるほど華麗だったのですね。
    帝の姿から、絢爛とした雅やかな雰囲気を感じていただけてうれしいです。

コメントは停止中です。