猫柳

早春、銀色の絹毛に覆われた花穂が愛らしいネコヤナギ。
光沢感のある花穂が陽の光を受けて輝く様は、温かく春の息吹を感じます。
性質と厚みの異なる和紙を取り合わせて花穂の色合いと感触を0.5~1cmほどの大きさに縮小して表し、陶器の鉢にあしらいました。作品の高さは、鉢を含めて11cmほどです。

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)

”Salix gracilistyla”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村