岩菲仙翁

七夕の季節に向け、朱紅の花色とまっすぐに伸びた草姿が夏草らしい岩菲仙翁(がんぴせんのう)を飾ったものです。花径を2cmほどに縮小し、1.5cm角の陶器の鉢に仕立てました。岩菲(がんぴ)と呼ばれ、夏の茶花として親しまれてきました。薄口の和紙の染色と楮の繊維を生かし、切れ込みのある花びらを表しました。

”Silene banksia”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村