菜の花雛

上巳の節句に生命感、春の息吹、再生を伝えるものとして飾られてきた菜の花。
和紙による菜の花を坐雛(すわりびな)に見立てたものです。
草雛の素朴さを残した葉を衣にした姿を葉の組み方の違いによって女雛・男雛を表しました。

“Nanohana hina doll”

「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
渋谷・東急本店 6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村