桜橘雛

京都御所の紫宸殿(ししんでん)前に植えられている左近の桜・右近の橘に由来する桜橘。上巳の節句の雛飾りとして添えられてきました。御所風の雅な佇まいを伝える桜橘は、春から夏への季節の移ろいも伝えています。
桜橘を吉祥を込めた亀甲花菱文様の友禅紙を衣装にした立雛に表しました。

“Flower doll”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村