「菊香」

kikuka-s

“Chrysanthemums ”
白菊が垣根に寄り添うように咲く姿を描いてみました。
(12×13.5cm)


「菊香」」への8件のフィードバック

  1. cytron

    金が入るととても豪華ですね。
    背景の色もとても素敵ですし、接着する前に結構取り合わせをしていく作業が楽しそうだなあって想像しちゃいました。
    背景を赤っぽくしてみたり、青っぽくしてみたり、白に近づけても違う雰囲気になりそうですね☆
    葉の一つが飛び出しているのがまたいいですね☆

  2. まこぷー

    こんばんは。
    細やかな手仕事の、素敵な作品ですね。
    白菊のシックな葉の色が、秋の深さを感じさせます。
    ちょうど時節も、花の季節を締めくくる、寒菊の咲く時期ですね。

  3. ymatsu

    cytronさん
    ありがとうございます。
    cytronさんが想像されたとおり、取り合わせを自在に考えられるのはとても楽しい作業です。
    菊の白さを浮かび上がらせるのに黒と金をベースに同系色でまとめした。
    背景を白に近い色で古典的な雰囲気の白菊も描いてみたいです。
    まこぷーさん
    ありがとうございます。
    和紙の作品に興味をもっていただけて嬉しいです。
    白菊の葉、茶系の色の濃淡で深まり行く秋の風情を表してみました。
    寒菊の花も可憐で気品がありますが、照葉も美しく味わいがあり楽しみですね。

  4. hirono

    とても落ち着いた雰囲気の中にも、華やかさがあって素敵です。
    茶系の色合いと菊の白さもとても合っていますね。
    きれいですし、好みです。

  5. vasenoir

    素敵な色の響き合いですね。
    重なり、柄の方向すべて計算されていて
    日本画を見ている様な
    背筋が伸びる。。そんな気分です。

  6. ymatsu

    hirinoさん
    ありがとうございます。
    気に入っていただけて嬉しいです。
    色紙、色紙掛のコーディネートを先に決めて、菊の葉の色合いを考えました。
    壁面に見立てた料紙の色合いも土壁のような味わいが出て作品を引き立ててくれました。
    難しい色合いでしたが、仕上がってみると葉の色が思った以上に調和したようです。
    vasenoirさん
    ありがとうございます。
    フレーミング、やはりいつもどれが最善か悩みます。
    なかなか答えは出ませんので、試行錯誤を繰り返しています。
    色紙や短冊など限られた空間でどれだけの表現ができるのかを考えるのも、
    また楽しみでもあります。
    色紙や短冊などは、納めるフレームに合わせた配色を考えます。
    垣根に見立てるのに亀甲花菱の文様の友禅和紙を使いました。
    亀甲花菱の文様が菊と調和して、画面を華やかに引き締めてくれました。

  7. luna

    全体の雰囲気とっても好きです
    黒と金色の中でいっそう白菊が映えて上品な作品ですね

  8. ymatsu

    lunaさん
    ありがとうございます。
    この作品では、白菊を垣根に寄り添うように配置したところがよかったようです。
    白菊だけを描いていたら、平板になっていました。
    金色が目立ち過ぎなかったのも落ち着いた印象を与えてくれました。

コメントは停止中です。