犬蓼

和紙によるイヌタデの花を陶器にあしらったものです。
身近な野草として紅色の小さく愛らしい花穂を赤飯に見立て、ままごと遊びの素材として使われたことから別名「アカマンマ」と呼ばれ、親しまれてきました。小さな花穂を生き生きと見せる、葉のつき方も躍動感を感じさせます。道端や草原に群れて咲くところは、懐かしさを感じさせてくれます。細やかで素朴なイヌタデの花を薄紅色のグラデーションの和紙を生かし、葉の動きをしなやかな草色の和紙で表しました。

” Creeping Smartweed ”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村