「芦に蛍」

ashinihotaru

“Reed and firefly”
夏の夜の風物詩である蛍
水辺の蛍を和紙画で描いてみました。
背景は夏草文様の江戸千代紙を使っています。
(12×13.5cm)


「芦に蛍」」への4件のフィードバック

  1. hirono

    きれいですねー
    夜の色、草の色、それぞれ引き立てあって
    すごく素敵です。
    蛍がかわいらしいですね。
    光も何だか優しげな感じですね。

  2. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    背景の青に染められた和紙は画面の上に向かって徐々に
    色が薄くなっています。
    ぼかしの効果などを活かしてみたのですが、文様も程よい
    サイズであったことで描くことが出来たように思います。
    蛍の光はちぎって繊維を出して自然に溶け込むようにして
    みました。
    優しげに見えてよかったです。

  3. sachi

    涼しい風にそよぐ葦、夕暮れとともに飛び交う蛍、
    夏の夜の水辺の様子が物語のようでとっても素敵な作品ですね。

  4. ymatsu

    sachiさん
    ありがとうございます。
    夏草文様に風を受けてそよぐ動きがあるところに
    惹かれて、作品に取り込んでみました。
    青の色合いは夏の夕暮れとも合い、こうしたイメ
    ージが浮かびました。
    作品から物語を感じていただけてうれしいです。

コメントは停止中です。