「花短冊 百合」

tannzakku-yuri-s

”Hana-tanzaku Lily”
姫百合を短冊に収めました。
大きさは実物とほぼ同じサイズで制作しています。
山の谷間に咲く風情を短冊に表しました。
(短冊:36.4×6cm)


「花短冊 百合」」への12件のフィードバック

  1. マロニエのこみち・・・。

    ページを開いた瞬間、本物かと見間違いそうでした
    そのくらい特徴を掴んだリアリティのある表現で驚きました
    首を垂れた可憐な様子がいとおしいです

  2. vasenoir

    花びらの素敵なのはもちろんの事
    いつもながら・・・ゆりの葉の表情
    リズミカルで生き生きとしていて良いですね!!
    家の生徒さんのお話ですが
    ゆりが苦手でなかなか描けない。。。
    でもある時ひょんと描けるようになるから不思議と。
    私はいつもお花は葉が先ですよ!!と言っています。

  3. NEO

    等身大の姫百合なんですね。
    立体的でダイナミックですね。
    山ゆりが我が家の庭にも咲いているので、イメージできます。
    山の谷間に咲く姿なのですね。
    下地の金箔は、上側は空、下側は他の草木を表現しているのでしょうか。

  4. ymatsu

    parismidoriさん
    ありがとうございます。
    和歌を書くための歌用の短冊を使い、すらりと
    した百合の佇まいを表わしました。
    縦長の画面を活かすには短冊はよい素材です。
    短冊も和紙を使った和紙工芸として長い歴史が
    あります。
    墨で書かれた文字や書かれた歌の風情を引き立
    てるために意匠を凝らした短冊は、書以外の使
    い方でも楽しめると思います。

  5. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます。
    夏向きの山野草を探していて見つけたのが
    こちらの作品にした百合の苗でした。
    戸隠谷間ユリという小さなユリです。
    つぼみも一つでしたので花開いたときの姿を
    短冊にとどめてみました。
    笹ユリを探していて思いがけずに緑の蕾の
    雰囲気に惹かれました。
    大きな園芸種にはない可憐さを表わしたいと
    思い短冊を使いました。

  6. ymatsu

    vasenoirさん
    ありがとうございます。
    花は葉が先ですね。
    私もそう思います。
    このユリの葉の軽やかで端正な葉の付き方
    が気に入りました。
    細い葉も特徴のようです。
    短冊にするにもそうしたユリの特徴を活か
    すことができますし、葉の動きがあるものは
    夏には涼しげに感じられます。
    小さな緑の蕾から大輪の花に変わらぬ華や
    かな花を咲かせました。

  7. ymatsu

    NEOさん
    ありがとうございます。
    ユリ姿をそのまま表わしたいと、作品の
    モデルも実物の大きさで表わせるような小
    さな姫ユリを選びました。
    水色の短冊で夏空を表わしました。
    NEOさんの見立てどおりです。
    夏の明るい空を金箔で表わして、地面にしっか
    りと根をおろしたところを他の草の葉を入れて
    表わしています。
    短冊ではこうした長さを活かした表現ができる
    ところが楽しみでもあります。

  8. KNakajiam

    これはすばらしいですね。
    花の形、立体感・・・とてもリアルです。
    金箔のチラシが効いていますね。

  9. ymatsu

    KNkajimaさん
    ありがとうございます。
    小さな姫百合をそのままの姿を短冊に
    収めました。
    金箔の散らしがあるということだけで
    天地を表わせるところも短冊のよさだ
    と思います。
    本来、短冊は和歌を書くためのもので
    すので繊細な花の表現の背景としても
    適するものと思います。

  10. スウ

    こんばんは。
    ひめゆりの短冊、素敵な作品ですね(^-^*
    葉の一枚一枚の位置が立体的で、とてもリアルでした。
    背景の白色は、お花の存在感を
    より高めてくれているようにも思えます。
    お花の角度も、野に咲くお花そのもので、
    きっと、私が道端で、この作品を見つけたら、
    本物のひめゆりだと思うと思います(^-^*
    金箔のワンポイントもきれいですね!

  11. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    真っ直ぐで花がうつむき加減に咲いた姿
    そのままを表わせる短冊使ってみました。
    大きな花が特徴のユリは、不安定そうに見
    えて安定感があります。
    花を支える葉の躍動感もまたこの花の魅力。
    そうしたユリ全体のバランスから感じられる
    たおやかな風情を表わしたいと思いました。
    歌用の短冊の色は華やかさの中にも落着き
    のあるものや優美なものが多くあります。
    金箔の飾りは、花を活き活きとみせるような
    効果もあるように思います。

コメントは停止中です。