「扇面 杜鵑草(ほととぎす)」

hototogisu-s

“Tricyrtis hirta “

深まり行く秋、侘びた雰囲気を持つ杜鵑草を扇面に合わせました。
野趣のある花の趣を和紙の色合いで表わし、季節を映してみました。


「扇面 杜鵑草(ほととぎす)」」への10件のフィードバック

  1. マロニエのこみち・・・。

    侘びた風情でありながらも可憐ですね
    秋生まれ秋花の好きな義妹(年上)が
    この花に惹かれて育てていますが・・
    とても魅力的に仕上がっていると思いました

  2. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます
    杜鵑草はしっとりとして気品を感じる花ですが、
    可憐さも合わせ持っているところに惹かれてい
    ます
    花びらの色合いや紫の斑が散らされたところが
    秋らしく、一輪であっても存在感があります
    ですので、短冊や色紙など表現の幅も広くあり
    楽しみ深い題材と思います
    少し愁いを帯びた印象の花は白い扇面に合わせ
    ると映えてくれるものと思います

  3. ijin7wth2

    今晩は。
    ホトトギスは好きな花ですが、旨くその風情を写し取ったことがありません。
    ymatsuさんの作品はあの小さな花が、大きく見えます。
    扇と併せて、とても品の好い作品です。
    何時もながら見事です。

  4. ymatsu

    ijin7wth2さん
    ありがとうございます。
    ホトトギスは花びらのつき方もすっきりし
    て端正で、何か語りかけてくるような個性
    を持った花と思います。
    構造的にも作りにくい花ですが、しっとりと
    した雰囲気を漂わせる個性的な花には表現し
    てみたいと想わせる不思議な力を感じます。
    ホトトギスは野の趣きと慎ましやかな優美さ
    とを併せ持つ花と思いますので、白い扇面で
    そうした花の持ち味を引き出してみました。

  5. スウ

    おはようございます。
    ほととぎす…上品な色使いですね(*^_^*)
    花びらの模様もさすが、精緻で素敵です♪
    背景の金粉の位置も計算されてつくられたのでしょうか。
    どの色も主張しすぎず、穏やかな雰囲気で、
    ほっと気持ちを落ち着かせてくれる作品だなって思いました。

  6. ymatsu

    parismidoriさん
    ありがとうございます。
    ほととぎすの上向きに咲くところを活かし、
    扇面にそっと合わせてみました。
    優しい色調がゆかしさを漂わせるほととぎす。
    しとやかな花の風情を素敵なコメントで表現
    していただけてうれしく思います。

  7. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    ほととぎすは、シックな色合いと佇まいの花
    ですので、優美さを扇面を使って表現したい
    と思いました。
    花の作りも蘭のような趣があり、花びらに斑
    が入ることで和の趣が出てくるように制作し
    いて感じます。
    背景は同系色のかな料紙を使っています。
    優美なかな料紙でストーリーを感じられるよ
    うな雰囲気を出してみたいと考えました。
    紙には部分的に金が散りばめられています。
    紙の装飾を活かせるように扇子の位置を考え
    て撮影しています。
    そうしたところも見ていただけてうれしいです。

  8. shion

    こんにちは。ほととぎすー野の優しい色と
    姿が、扇の上に映えて、とても素敵ですね。
    作品全体に、うっすらと淡いピンク色が
    流れているのも、しっとりとした風情を
    感じます。

  9. ymatsu

    shionさん
    ありがとうございます。
    ほととぎすが彩る10月末の晩秋。
    秋の名残を惜しむかのように咲く姿を扇面に
    託しました。
    秋野の風景を思い描いていただきたいと扇子
    を使い表現してみました。
    白い扇子が映えるよう、料紙の色を花と同系
    色のものを選び、気品ある花の趣にあう落着
    いた印象にしたいと考えました。
    かな文字を優美に引き立てる料紙は、扇子と
    合わせても雅やな風情を演出してくれます。

コメントは停止中です。