「花色紙 竜胆(りんどう)」

rindou-10-1-s

“Hana-Shikishi Gentian”

秋の山野を彩る爽やかなりんどう。
5つに切れ込みのある間に副片があるところに特徴があります。
直線的ですっきりとした花の趣を表わしてみたいと思った一作です。
(12×13.5cm)
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

10月5日(火)~10月11日(月)
「京都老舗の会」そごう千葉店

「花色紙 竜胆(りんどう)」」への2件のフィードバック

  1. マロニエのこみち・・・。

    こんばんは♪
    どの秋の花も素晴らしいですが、こちらの竜胆の観察力、表現力もすごいですね・・
    花の中心の白い部分、茎の色など、思わず本物を思い出してしまうくらいです
    それにしても竜胆は、切花で買うと、たいていは開かずに茶色くなってしまうのが哀しいです

  2. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます
    竜胆、切花のものはうまく咲かずに終わって
    しまうのが残念ですね・・・
    私もそう思います
    竜胆、桔梗と同じく花は5つに分かれていますが
    副片があることで全く違った印象であるところ
    が面白いです
    花の中心は展開した状態で青紫の和紙に白い和
    紙を貼り合せて立体にしています
    飾り気がなく凛とした印象を出したいと思いま
    した
    全体のまとめ方に思案しましたが、竜胆らしさ
    が伝わりうれしいです

コメントは停止中です。