節分草

setubunsou-14-

~春を告げる~”節分草”

早春、小さな花をいっせいに咲かせて春を告げる春の妖精、セツブンソウ。
スプリング・エフェメラルを代表する花のひとつ。
清楚で端正な姿で早春の瑞々しさを伝えてくれます。
花の直径は2cmほど、高さも10cm前後と大変小さな節分の頃に咲く日本原産の山野草です。
花の直径を1cmほど、高さを4cmほどの大きさに縮小して表しました。
鉢は1cm角のものを合わせました。
楮の手漉和紙の白色と繊維を生かし透明感のある柔らかで繊細な花びらの表情を出しました。
”Setsubunsou”

2015 1/28~2/3
『雅な雛のつどい展』

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村