サクラスミレ(桜菫)

sakurasumire-

~春を告げる~”サクラスミレ”

日本の野に咲くスミレのなかでも大きな花と柄の長い葉を持ったところが優美なスミレ。
花の直径は2.5cmほどで、花びらに桜のような切れ込みがあるところに名は由来しますが、個体によって切れ込みの見られないものも多いようです。
花色も個体によって紫の濃淡の色の変化があります。
赤みのある紫の花色のものを和紙の色合いと柔らかな風合いを生かしました。
この作品は、実物のものと同じくらいの大きさで花の直径2.5cmほどで表しました。

”Viola hirtipes”

2015 1/28~2/3
『雅な雛のつどい展』

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村