「花色紙 岩沙参(いわしゃじん)」

iwasyajin-10-1-s

“Hana-Shikishi Iwashajin”

秋の山野草のひとつ。
青紫の小さな花が風に揺れる姿が秋らしさを伝えてくれます。
鐘形の花が釣り下がった咲き方に風情があります。
線の細さを和紙の強さによって表わしてみたいと思った作品です。
(12×13.5cm)
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


「花色紙 岩沙参(いわしゃじん)」」への2件のフィードバック

  1. 宮島

    こんなお花があるとは、知りませんでした。
    花の名前も初めて聞きました。
    可憐ですね・・・。
    秋の花は本当にわびしいというか、楚々として風情がありますね。
    青の微妙なグラデーションが心にしみます(TT)思わず泣けてきそう~

  2. ymatsu

    宮島さん
    ありがとうございます。
    前から制作したいと思っていた花で、今年ようや
    く実現できました。
    線の細さをより強調できるようさらに作り込みを
    重ねていくことが必要ですが、紙素材ならではの
    軽みが活かせる題材と感じました。
    岩沙参は日本の花で、色合いも秋らしく小さな花
    のひとつひとつが独立して釣り下がった咲き方が
    優美で心惹かれる花です。
    秋の野の花はよいものですね。
    制作していても心安らかになります。

コメントは停止中です。