「桔梗」

kikyou-sikisai-11-s

“Balloon flower”

凛とした風情が涼やかな青紫と白の桔梗を浅めの鉢に合せました。
和紙の白の質感をそのまま活かしたもの、白地に紫が僅かに入るもの、薄紫、青紫と桔梗の花色の変化で涼感を伝えたいと思いました。
草丈のある姿が爽やかさを与えてくれる桔梗。
高さは鉢を含めて18cmほどと草丈を長めに仕立てました。
鉢の横幅は6cmほどです。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


「桔梗」」への2件のフィードバック

  1. 清水五月

    桔梗はただ花の市で見ることがあり、印象になたことは日本の寺(廬山寺)などで植えられた桔梗ですねえ、その野趣や風情が好き・・・
    この花の作り方がほしいのねえ・・・
    松山先生は本を出版するつもりがありましょうかな?

  2. ymatsu

    清水五月さん
    ありがとうございます。
    桔梗は、京都のお寺の庭園でもよくみられますね。
    廬山寺をはじめ、桔梗のお寺いうと智積院や東福
    寺天得院などが知られています。
    京都の庭園でみられる杉苔の緑に映える桔梗を
    イメージしてみました。
    申し訳ございません。
    作り方の公開はご容赦ください。
    本も今のところは考えておりません。
    花の制作では可能なものであれば花びらを
    はずしたりしてつくりを研究しています。
    花びらや葉で型を採ってみるとよいと思います。
    手順は、布や粘土など他の素材の方法と大きく違う
    ところはないと思います。
    可能なかぎり和紙だけでつくるというところが
    他の作家の方との違いと考えております。
    画像の桔梗ですが、毎年繰り返し制作しております
    が切り込みの角度などまだまだ日々研究を重ねてい
    ます。

コメントは停止中です。