花色紙「たんぽぽ」

tanpopo-1-

秋の京都展に向けた一作。
明るい黄色い花と綿毛のついた種子の姿が愛らしい春の花。
しみじみとした情趣を伝える秋草に対して、明るくほのぼのとした懐かしさを感じさせる春草として親しまれてきました。
可憐さの内に力強い生命感を伝えるたんぽぽ。命の再生を繰り返していく春の景を花開くとき、盛りのとき、花の後の姿によって和紙で表し扇面に配しました。

”Hana-Shikishi dandelion”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村