野辺の春

haruno-yamabe-1

小高く盛り上がった土坡(どは)と呼ばれる地面を図様化した形を立体で表現し、蒲公英(たんぽぽ)・土筆(つくし)・菫(すみれ)によって春の野を伝えました。
土坡(どは)に咲く春草それぞれに適した和紙を選び、縮小して表しています。蒲公英(たんぽぽ)の花の直径は1.5cmほど、飾り台の大きさは、幅15cm・奥行10cmです。

”Spring Grasses”

「雅な雛のつどい展」
2016 1/27~2/2

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村