カテゴリー別アーカイブ: 和紙花暦:Four seasons of flowers

姫女苑

初夏から秋にかけてみられる身近な花、ヒメジョオン。白い繊細な花びらは真っ直ぐに伸び、すっきりとした草姿で勢いある季節を伝えます。素朴な野の花を和紙の繊維の強さとしなやかさによって表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。

“Erigeron annuus”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


待宵草

夏の夕暮れに咲く、鮮明な黄色の花色が印象的な待宵草(まつよいぐさ)。
真っ直ぐに伸びる夏草の勢いと一日花の儚さの中に、たおやかでゆったりとしたものを感じさせる咲き方は、野の花の優しさと芯の強さを感じます。夏の野の風情のある大待宵草(おおまつよいぐさ)を和紙の色合いと柔らかな質感によって表し、竹の花器にあしらいました。

“Evening primrose”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


昼顔

風趣を感じる、身近にみられる夏の野の花、昼顔。飾り気のない小さな淡い色合いの花は清涼感があり、夏を彩る花として親しまれてきました。薄口の和紙の繊維の強さを生かし、蔓の動きを出し、ガラスの器にあしらいました。

”Calystegia japonica”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村