カテゴリー別アーカイブ: 未分類:Uncategorized

椿に寄せて

今年も和紙による作品をご覧いただき、ありがとうございました。皆様には心より御礼申し上げます。
画像の作品は、白い一重の初嵐椿、柔らかな花色の秋の月椿を飾ったものです。
2006年より始めましたブログは、今年10年目を迎えました。これまでいただきました皆様の温かなメッセージ、励ましが支えとなりました。また、創作の力となっております。来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


sakura-16-

一重の桜を省略した形で表したものです。3月19日の講座にて作りましたものを一輪挿しに飾ったものです。花数は控え、葉や蕾のつけ方、枝の表情のつけ方によって桜の風情を表現しました。少ない花数でも小枝の組み方によって立体的になります。懐紙や竹かごなどにあしらうなど飾り方によっても季節を演出していただけます。
”Cherry blossoms”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


染井吉野を飾る

someiyosino-2

染井吉野をイメージして和紙の色合いと柔軟性を生かして表した桜です。
3月12日に講習しました同じ形のものを陶器の一輪挿しにあしらった一例です。飾り方によって桜の趣が異なってみえます。また、蕾と開いた花の取り合わせ方で花の表情に変化を出していただけます。参考にしていただけましたら幸いです。

”Someiyosino”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


花うさぎ -すみれ-

hanausagi-sumire-1

花の妖精をうさぎの形で表したシリーズの一作。
春を告げる可憐な野の花、すみれ。紫、薄紫、白と濃淡のある和紙ですみれの花色をイメージしました。
柔らかな質感のグラデーションの和紙によってすみれの花の精を表しました。

“Flower Rabbit”(Violet)

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


すみれ

sumire-16-2

和紙の色合いの変化、和紙の光沢感、柔軟性を生かしたすみれ。
2月11日に講習しました形の和紙によるすみれをガラスの器にあしらった一例です。萼片(がくへん)は省略し、花びらのつき方ですみれの特徴を表しました。ブーケにまとめたり、和紙の彩と草丈の高低の変化、花びらの開き方の微妙な違いをつけることで花の生命感を表現していただけましたら幸いです。

”Viola mandshurica”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村