カテゴリー別アーカイブ: 源氏物語 1~27:Genjimonogatari 1~27

「源氏物語絵巻 第二十三帖 初音」

genjihatune23-s

“Genji Monogatari Emaki no.23 Hatune”
源氏物語絵巻シリーズの一作。
源氏の六条院の邸の正月。たとえようもなく、すばらしいたたづまいです。
源氏は、明石の姫君の部屋を訪ねます。折りしも、明石の上から正月の贈り物が届いていました。
「 年月をまつにひかれて経る人に けふうぐいすの初音きかせよ 」と姫と別れて暮らす、明石の上の歌が添えられていました。
(12×13.5cm)


「源氏物語絵巻 第二十一帖 乙女」

genji21-s

“Genji Monogatari Emaki no.21 Otome”
源氏の新しい邸、六条院が完成しました。四季の町からできており春は紫の上、夏は花散里、秋は秋好中宮、冬は明石の上が住んでいます。
秋になると秋好中宮の庭は紅葉が色づきました。
中宮は、秋の草花を取り混ぜたものと紅葉を女童に持たせ、紫の上の元へ届けました。
(12×13.5cm)


「源氏物語絵巻 第二十帖 朝顔」

genji20_asagao

“Genji Monogatari Emaki no.20 Asagao”
賀茂の斎院だった朝顔の姫宮は父、桐壺帝の弟桃園卿の宮が亡くなったため斎院の職を退き桃園に住んでいます。
朝顔の姫宮に昔から思いを寄せていた源氏は、姫宮の元を訪れます。姫宮も源氏の思い出を感慨深く思われますが、姫宮は源氏にはつれなく接します。
源氏は、朝霧の中ではかなく咲いている朝顔の中で色あせたものを折って姫宮に贈られました。
(12×13.5cm)


「源氏物語絵巻 第十九帖 薄雲」

genji19-s

“Genji Monogatari Emaki no.19 Usugumo”
源氏物語シリーズの一作。
明石の上は源氏の邸に移るように勧められますが、大堰川の山荘から移りませんでした。
明石の姫君の将来のために紫の上に養育を託すことを明石の上は決心します。
明石の姫君を手放した明石の上は、日々大堰川の風景を眺め暮らしました。
(12×13.5cm)