カテゴリー別アーカイブ: 雛人形・五節句: Hina doll ・Five festivals

桜のひいな

子どもの健やかな成長を祈り、身を守る形代(かたしろ)とされた雛の原形とされている「天児(あまがつ)」や「這子(ほうこ)」の素朴な姿をイメージした立雛(たちびな)です。

万葉集には

三日に、守大伴宿禰家持(かみおほとものすくねやかもち)の館(むろつみ)にして宴(うたげ)する歌三首

とあり、大伴家持(おおともの やかもち)の官邸で三月三日の宴の花として桜が詠まれています。

その第一首は次の歌です。

今日の為と思ひて標(しめ)し あしひきの 峰の上の 桜かく咲きにけり(巻19)

家持の歌からは、三月三日を迎えるにあたり、しるしをした桜が見事に咲いた感動が伝わってきます。
また、桜は古代より稲穂の実りの兆となる花であり、神の依代(よりしろ)となる霊木とされてきました。平安時代になると桜は花見の花となり、上巳の節句には中国から渡来した桃が中心となっていきました。

古を想い、桜の精を白を基調に桜柄の友禅紙を取り合わせによって小さな雛に表しました。扇形の飾り台に桜柄の友禅紙をあしらい、桜の宴をイメージしました。

”Hina doll”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


花うさぎ雛

花の精をうさぎの形で表したシリーズのおひなさま。
桜と菜の花の妖精を小桜の図柄と若草色と桜の花色の色合いの友禅紙を衣裳に坐雛(すわりびな)の形式で表しました。
 
”Hina doll”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


すみれのひいな

うららかな春の野の暖かさと懐かしさを伝えるスミレ。スミレの大きさそのままを生かし小さな雛に見立てたものです。スミレの花色の和紙を衣装に選び、花の精をイメージしました。

” Flower hina doll ” 

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


端午の節句飾り

端午の節句では古来、邪気を祓う植物として香気のある菖蒲と蓬が飾られてきました。菖蒲と柔らかな蓬の葉を和紙の質感の違いによって表し、白い和紙に包み、置き飾りとしてあしらいました。

“Tango-Sekku”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


春秋色紙飾り

3月3日の上巳の節句の花として桃や菜の花とともに節句を象徴する花とされてきた桜。9月9日の重陽の節句を象徴する花として飾られてきた菊。
季節の節句を植物によって愉しむ形式の立て飾りです。上巳の節句、重陽の節句に向けて山桜と嵯峨菊を立体感ある花扇画として見立てました。

”Five festivals plants”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村