月別アーカイブ: 2017年7月

紫草

紫の ひともとゆゑに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る (古今和歌集:よみ人知らず)
Murasaki no hito moto yue ni musashino no kusa ha minagara ahare tozo miru (Kokin Wakashū:Yomibito sirazu)

紫とは、紫根(しこん)と呼ばれる根に紫色の色素成分を持ち、染料とされた紫草(むらさき)をいいます。紫草は夏季に白い花を咲かせます。花は小さく目立ちませんが、古の人は高貴を象徴する” むらさき”色の染料となり、その染料の美しさから紫草に心惹かれました。

一首は、紫草が一本あるために、紫草の生えている同じ武蔵野の草すべてが、ゆかりのあるものとして懐かしく、愛おしく思うと詠んだものです。紫草への愛着を詠んだところから発展し、愛しい女性を紫草に見立て、その女性とゆかりのある人、すべてが懐かしく思われると解釈されるようになり、定着しました。

また、武蔵野は古代から中世にかけて、京の人々が憧れをもって、和歌や物語に詠まれてきました。一首は、どこまでも続く原野のイメージを持った武蔵野を舞台にした心和む優しい物語を想像させます。

葉脈の筋がはっきりとした葉の上に、控えめに清楚な純白の花を咲かせる紫草を和紙で表したものを書と取り合わせ、武蔵野の原野に咲く光景を詠んだ一首をイメージしました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


花うさぎ 秋草

花の妖精をうさぎの形で表したシリーズの一作。秋草の咲き始める季節に寄せて、可憐な野の精をイメージしました。樹皮を漉き込んだ素朴な風合いの和紙を衣装に選び、薄と桔梗のかんざしをあしらいました。

“ Flower rabbit autumn grasses ”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


難波潟

難波潟 みじかき 蘆のふしのまも 逢はで この世を すぐしてよとや(新古今和歌集:伊勢)
Naniha gata mijikaki ashi no fushi no ma mo ahade kono yo wo sugushite yo to ya
(Shinkokin Wakashū:Ise)

難波潟に生い茂る蘆(アシ)の茎の節と節の間の短さほどの、ほんの短い時間でも逢うこともせず、むなしく過ごせとおっしゃるのですか、との想いを詠んだ一首。一首を詠んだ伊勢は、古今時代の代表的な女流歌人です。恋歌を私的な歌から公的な晴れの歌として発展させたことに貢献しました。

イネ科の多年草の蘆(アシ)は、葦、芦、葭という漢字でも表記されます。タケやアシなどの節と節の間を古語では「よ」と言い、一首では世と夜を掛けています。アシは、成長すると人の背丈よりも高くなる植物です。春先に芽吹いた若芽は、節と節の間が短く、成長するに従い長くなります。アシの草丈が高くなる特性から、”みじかき蘆”と節と節の間が極めて短いことを強調して表現したところに、時の短さが深く印象付けられます。

難波潟はアシの名所として『万葉集』の時代より、歌に詠まれてきました。水辺のアシの群生は、春の芽吹きの美しさ、夏の水辺の涼やかさ、晩秋から冬にかけて刈り取られた風景の寂しさなど季節によって表情を変化させます。
また、『万葉集』に遡ると難波の人が葦(アシ)を燃料として焚く家が煤(すす)けて古びることに喩え、常に変わることのない妻への愛情、ほのぼのとした家庭の温かさを想い起させる、「 難波人(なにはひと)葦火(あしひ)焚く屋の 煤(す)してあれど 己(おの)が妻こそ 常めづらしき 」(巻十一:よみ人知らず)が見られ、アシは詠む人の心によって、たおやかで多彩な表現を見せてくれます。

作者の心情を難波潟のアシのイメージによって、平明に伝えた一首を書で表しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村