日別アーカイブ: 2018/07/04

鴫立沢楓

江戸に徳川幕府が開かれたことをきっかけに、江戸城をはじめ大名屋敷や武家屋敷、寺社仏閣の造成に従い、城や屋敷、寺社の庭園を演出する樹木としてブームとなった楓。
庭園を彩る樹木の生産地、江戸の巣鴨染井村の植木屋、伊藤伊兵衛の五代目政武(まさたけ)は和歌を引き、品種名として園芸種を発表しました。春よりも多くの和歌が詠まれてきた秋。和歌の伝統によって、秋の美意識を楓に託し、江戸の人々に広めました。

文学を取り入れ、風雅な植物として発展させたことを偲ばせる園芸種より、秋の夕暮れを詠んだ『新古今和歌集』秋歌上に排列されている三夕の歌、西行の一首

心なき 身にもあはれは しられけり 鴫たつ沢の 秋の夕暮 

より引かれた名を持つ「鴫立沢(しぎたつさわ)」を和紙で表しました。

鴫立沢(しぎたつさわ)楓は、政武が江戸後期、寛保二年(1742年)に刊行された『三夕楓之図』(さんせきかえでのず)で発表しています。西行の一首を引いた「鴫立沢」(しぎたつさわ)、寂連法師の一首を引いた「槙立山」(まきたつやま)、定家の一首より引いた「浦苫屋」(うらのとまや)の三夕楓(さんせきかえで)の3つの品種うち、「鴫立沢」(しぎたつさわ)は現存する唯一の品種です。

浅緑の明るい葉色に葉脈の筋がくっきりと浮かび上がったところが爽やかな印象の楓です。薄く柔らかな楓の葉の質感と鴫立沢(しぎたつさわ)楓の個性を和紙の特性と線描によって表し、短冊にあしらいました。

”Shigitatsusawa”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村