日別アーカイブ: 2018/10/20

肥後菊

泰平の時代が続き、園芸への関心が高まった江戸時代。江戸の花文化の中で、秋を象徴する植物では紅葉と並び、菊への関心が高まり、新品種が作出されました。そのひとつに肥後藩主、細川重賢(しげかた)が武士の修道のために栽培を奨励したとされる、肥後菊があります。

肥後菊は、白・黄・紅のを基調にした花色と細い花びらのつき方により、花の形がはっきりとしてみえます。凛とした佇まいの肥後菊の風情を和紙の色と特性を生かして表し、一輪挿しにあしらいました。

“Chrysanthemum”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村