日別アーカイブ: 2020/05/18

貝合わせ 紫草

初夏、白い花を咲かせる紫草。紫草は、紫根(しこん)と呼ばれる根に紫色の色素成分を持ち、高貴を象徴する” むらさき”色の染料とされていました。花は小さく目立ちませんが、その染料の美しさから万葉集をはじめ、和歌に詠まれてきました。

清楚な白い花を引き立てる清々しい葉の風情を和紙の取り合わせによって表し、和紙で象った蛤にあしらいました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村