「花の宴」

hananoen-s

“Cheree Blossoms”
今回出展する和紙画の一作です。
源氏物語第八帖花宴(はなのえん)に登場する桜の宴の情景を桜柄の友禅紙など数種類の和紙を使い表しました。
(12×13.5cm)


「花の宴」」への10件のフィードバック

  1. スウ

    おはようございます。
    趣のある作品ですね(^-^*
    散りばめられた桜の花と花びらがきれいです。
    視点の中心をずらすと、
    また違う作品としても楽しめそうですね♪
    桜吹雪舞う中での宴が待ち遠しくなってきました。

  2. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    桜の宴は光源氏と朧月夜という女性が出会う
    場面でもあります。
    夜桜の風情を表しました。
    おぼろ月夜を背景にした夜桜の宴です。
    以前、源氏物語絵巻のシリーズでは黒地の桜を
    使って朧月夜を描いたのですが、今回は優艶な
    月夜の宴を柔らかに茶色を使い表してみました。

  3. ひろの

    すごくきれいです。
    この花びらの道をゆっくり散策できたら、どんなに素敵だろうと思いました。
    夢の世界にいるようです。

  4. ijin7wth2

    今日は。
    源氏物語の花の宴を和紙画で表現。
    桜の花びらを散りばめた淡い色彩に下のからし色がかすかに透けて見え、
    上の濃い部分と対照を成して居ます。
    敷き紙も洗練されて居ます。
    只ただ、感服です。

  5. さくらねこ

    渋い金銀や微妙な色あいを背景に、舞う桜
    なんとも味わい深いですね
    いろいろな和紙のお雛様や花の数々
    まだ冬の真ん中ですけど、心は春に向かっていきます
    ↑の桜のポストカード、とても好きです!
    眺めているとなんともいえない優しい色あいに、優しく幸せな気持ちになりました
    ymatsuさんの和紙作品の数々、一度実際に見てみたいです
    関西で見れるならば教えてくださいませ

  6. ymatsu

    ひろのさん
    ありがとうございます。
    満開の桜の情景を画いてみたかったです。
    桜柄の友禅紙に少し大きめに切った花びら
    を散らして立体感を出しました。
    茶系統でまとめてよかったです。

  7. ymatsu

    ijin7wth2さん
    ありがとうございます。
    桜柄の友禅紙の上にさらに白い桜の花びらを
    切ったものを重ねると花びらが浮き上がって
    見えます。
    春の夜の朦朧とした風情を一枚の友禅紙から
    感じ、物語の情景を描いてみました。
    桜がおぼろ月に照らされた柔らかさを敷き紙も
    含めて茶の色合いによって表しました。

  8. ymatsu

    さくらねこさん
    ありがとうございます。
    おぼろ月夜に催された桜の宴の優美さを表せた
    らと黒ではなく茶を使ってみました。
    まだまだ春は遠いですが、春らしい優しい色合
    いを多く使ってみました。
    さくらのポストカード、好きな色合いのもの中
    から選び紹介しました。
    和紙画の作品を初めて出展したのは大阪での和
    紙人形の企画展でした。
    いつか作品を見ていただけたらうれしいです。

  9. mikk

    ずいぶん遅くなりましたが
    すーっと夜桜に惹かれてきました。
    ちらちらと花びらが舞い散るなかを
    歩いているようです。
    花の宴らしい、やわらかさですね。
    東京にでかけるときと
    作品展のスケジュールが会えば
    ぜひ拝見したいと思っています。
    つい数日前、東京にでかけたとき、和紙の本を数冊求めてきました。
    これから読み進めるのが楽しみです。

  10. ymatsu

    mikkさん
    ありがとうございます。
    お雛さまの季節にあった和紙画を思い、
    源氏物語を題材に桜の情景が印象的な
    場面を描きました。
    来年の予定はまだ確定していませんが、
    いつか機会がありましたらご覧ください。
    和紙については、私もまだまだ学ぶこと
    が多いです。
    実際に使ってみないとわからないところが
    あり、産地によっても違いがあります。
    日本の伝統文化に欠かせない和紙について
    興味を持っていただけてうれしく思います。

コメントは停止中です。