岩鏡

高山の岩場や草地で里より遅れて到来する春を告げるイワカガミ。釣鐘状の花を横向きにつけたところが可憐な山野草です。

直径1~1.5cmほどの先端が糸状になった繊細な花を、繊維の長い和紙の特性を生かし、実物大の大きさで表しました。

~春を愛でる~ ”岩鏡”
“Schizocodon soldanelloides”
「 雛の季節を待ちながら・・・ 」
2019年 1月30日 (水) ~2月4日(月)
 日本橋三越 新館8階 ギャラリーアミューズ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村