「花色紙 八重桜」

yaeskura1-s

“Hana-Shikishi Dobule Cerry Blossoms”
桜の花は、一重、八重などの花のびらの重ねや花の色や枝ぶりの違いなど多彩です。
八重桜は、華やかな雰囲気で楽しませてくれます。
(12×13.5cm)


7 thoughts on “「花色紙 八重桜」

  1. 居酒屋オヤジ

    綺麗ですねえ!!
    自分の店に飾ったものとは雲泥の差・・・。
    勉強になりました。頑張ります!!

  2. ymatsu

    居酒屋オヤジさん
    ありがとうございます。
    ネット仲間展に飾っている作品です。掛軸と合わせてみました。
    桜は数多く作品にしてきましたが、何度作っても難しいものです。
    桜の開花が近づくにつれて寒い日が続いていますが、暖かさが戻れば
    間もなくお花見シーズンですね。
    お店の桜の木、楽しいお花見風景で心温まります。

  3. 豆奴

    こんにちは。
    春らしい作品が続いていて明るい気持ちになりますね。
    この八重桜はなんとも淡い色合いが優しげ・・
    それに花びらの薄さや柔らかさも感じます。
    蕾も4つ見えますが、いいですね、
    これから咲き乱れる予感?!(笑)早くお花見がしたいです♪

  4. hirono

    本当にきれいですね。
    落ち着いた雰囲気の中で桜の美しさが
    ひときわ目立ちます。
    春の素敵な作品ですね。

  5. ymatsu

    豆奴さん
    ありがとうございます。
    桜の花びらでも八重に咲くものは薄手の和紙で繊細な雰囲気を出そうとしているものです。
    一重の桜は、一枚の花びらをしっかりと形を整えていくのですが、八重の場合は重ねながら形をつけていくのが大きな違いです。
    柔らかさや薄い花びらの様子が伝わってよかったです。
    桜、間もなく咲くのが楽しみです。
    hironoさん
    ありがとうございます。
    桜の表現は尽きないものがあります。
    八重咲きのものは色が濃いのですが、適度な色合いを出すのも難しいところです。
    黒地と金の組み合わせは重厚な雰囲気を作ってくれます。
    黒を背景にしたことで桜の花も落ち着きと花びらの薄さを感じさせてくれたようです。

  6. mojizurisou

    このまえの 一重の桜も好きですが この八重もいいですね。
    桜は ymatsuさんの作品の 大きなテーマですね。
    お気持が作品に滲み出ているようです。

  7. ymatsu

    もじずり草さん
    ありがとうございます。
    桜のクラフトはやはり日本のデザインの中でも大切なテーマと思っております。
    八重の桜は一重とは違った趣があります。
    これから本格的に桜の季節ですね。
    また違った桜をご紹介したいと思います。

コメントは停止中です。