「源氏物語絵巻 第四十一帖 幻」

genji41-s

“Genji Monogatari Emaki no.41 Maboroshi”
年が改まったものの紫の上を亡くして以来源氏は人と会う気にもなれず、紫の上のことを思い出すばかりでした。
紫の上が生前可愛がっていた、明石の中宮の三宮である幼い匂宮が慰めになっています。
紫の上の一周忌も済み年の暮れを迎えた頃、源氏は残しておいた紫の上の手紙を全て焼き、出家の意思を固めます。
(12×13.5cm)

絵巻で綴ってきた「第一帖 桐壺」から始まる光源氏を主人公とした物語は「第四十一帖 幻」で終わります。
源氏を桐、紫の上を桜で表わしてみました。
「第四十二帖 匂宮」までの数年の間に源氏も亡くなっています。
幻から匂宮の巻の間にあった源氏のその後について直接語られてはいません。
物語の中心は柏木の巻で誕生し、源氏と女三宮の子として育った薫と源氏の孫にあたり明石の中宮と今上帝の第三皇子である匂宮に移ります。
薫と匂宮は年頃も同じで、幼い頃から親しい関係にあります。
薫は源氏の後継として官位の昇進もめざましく、周囲からも大事に扱われています。
そのことはかえって薫自身を悩ませ、この世の中のことを空しく思っています。
物語は薫が14歳で元服を迎えた年から始まります。


「源氏物語絵巻 第四十一帖 幻」」への2件のフィードバック

  1. hirono

    すごく素敵な作品ですね。
    紫系の色がとても高貴な感じがしますし、金にとても映えていて美しいですね。

  2. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    源氏物語で源氏と源氏を支えてきた紫の上をイメージすると紫が浮かびました。
    源氏を輝かせていた紫の上の姿を思い、源氏を表わす桐とそこに寄り添い目立たぬようにある紫の上を桜の文様と花びらで表わしてみました。
    紫式部も源氏にとって藤壺や紫の上など高貴で重要な女性には紫を名に入れているところから、紫へのこだわりを感じます。

コメントは停止中です。