「丑」no.2

etoushi2-s

“eto 2”
来年の干支を18cm角の正方形の友禅和紙1枚から立体に折り出したものです。
お正月に向けて飾っていただけるよう、紅梅柄の友禅を選んでみました。


この一年、いつもブログをご覧いただきありがとうございました。
また温かなコメント・ご支援いただきましてありがとうございます。
また来年もよろしくお願いいたします。


「丑」no.2」への8件のフィードバック

  1. vasenoir

    今年一年
    和紙のさまざまな彩の世界を堪能させて頂きました事
    本当にありがとうございました。
    精力的な活動にも感激しております。
    また来年もymatsuワールド楽しみにしております。
    そしてお互い健康で頑張れますよう!!

    返信
  2. スウ

    おはようございます。
    和紙の丑、初めて見ましたがいいですね(*^^*)
    今年はymatsuさんのブログで
    素敵な和紙の世界を感じることができました。
    私にとっては未知の領域で、驚きと発見の連続でした。
    来年もまたymatsuさんのブログにお邪魔させてください。
    よいお年を。

    返信
  3. ymatsu

    vasenoirさん
    ありがとうございます。
    今年はブログやネットを通じてよい出会いや考え方を知り、
    多くの刺激を受けることができました。
    ブログを始めたことで自分の創作、世界観が広がったことは
    確かなことと受け止めています。
    自分の信ずるところ、感じたことを恐れず表現していきたい
    と思っています。
    私の表現するところを楽しみにしていただき励みになりました。
    来年もどうぞよろしくお願いします!

    返信
  4. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    一枚の紙で丑の形を立体で表すというところが、
    紙素材らしい表現かもしれないですね。
    丑の体の大きさが出るように折り目の線も少なく
    シンプルにしました。
    温かなコメントいただきありがとうございます。
    これからも和紙の多様性を表していきたいです。
    来年もどうぞよろしくお願いましす。

    返信
  5. さくらねこ

    和紙の表現の幅広さを、ymatsuさんの作品で触れることができました
    近くなら、一度実際に作品を見てみたいものです
    この丑も、ステキですね!
    1枚の紙で、、、ということは、折り紙の要領なのでしょうか
    梅の花の模様が、丑=天神さんのイメージで
    お正月にぴったりですね
    玄関に飾っておきたいです

    返信
  6. ymatsu

    さくらねこさん
    ありがとうございます。
    創作折り紙の作品です。
    丑というと京都の北野天満宮がまず浮かびました。
    牛と梅、いずれも天神様に縁の深いものですね。
    縁起物ですので今回、丑の制作にあたってはそうした
    イメージから柄選びを考えました。
    作品の画像表現をより深めて行きたいと思っています。
    来年もどうぞよろしくお願いします。

    返信
  7. ひろの

    気品があって美しいですね。
    少し変わった牛の姿も斬新でとても素敵です。
    本当に素晴らしい和紙の世界を見せていただけて、いつも感激させていただきました。
    来年も素敵な作品を拝見させて下さいね。
    どうぞ良いお年を。

    返信
  8. ymatsu

    ひろのさん
    ありがとうございます。
    形はシンプルに、そして角を強調して牛の特徴を一枚の紙で
    表してみました。
    温かなコメント、ありがとうございました。
    励みになりました。
    これからもブログではいろいろ試してみたいと思っています。
    季節の中にストーリーのあるものを大切にしていきたいです。
    来年もどうぞよろしくお願いましす。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください