6 thoughts on “「花色紙 山法師」09

  1. スウ

    こんばんは。
    今回の作品の葉の緑は深い色ですね。
    その分、お花の白色がより明るく見えるような気がします(^-^*
    草色の背景も、野山に咲く雰囲気が出ていて、
    素敵ですね♪
    花びらの形も1枚1枚違うようですが、
    より自然に見せるためにどんな工夫が
    施されているのでしょうか。
    山法師、本物と見間違うほどでした(*^^*

  2. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    スウさんの感じていただいたとおり、山を思わせる
    背景の色に草色を使いました。
    葉の色を深めにすると白もより映えてくるように
    思います。
    花は一枚一枚花びらの大きさも形も完璧に揃え
    ない方が自然です。
    色紙では花を真正面に見せますのでそれに従って
    向きを考えます。
    花は葉にわずかに表情を出すと活きてきます。
    葉の向き方も大切です。
    そうしたところに気を配るようしています。
    ごく自然にそうした花の姿を伝えられるように
    ありたいです。
    自然に見えてよかったです♪

  3. NEO

    こんばんは
    今回は、清楚なヤマボウシを表現されたのですね。
    残念ながらヤマボウシの現物を拝見したことがないので、直観がわかないのですが、写真から察するに、純白な楚々とした高貴な花のようです。
    作品も清楚な情景をよく表現されていると思います。
    花びらの中心部のおしべ・めしべでしょうか。繊細なつくりになっていて、自然の複雑なつくりを忠実に表現されていると思います。
    このあたりを見ていると、赤いヤマボウシの実が見えてくるようです。

  4. ymatsu

    NEOさん
    ありがとうございます。
    山法師の本当の花は中心に小さな花が球状に
    集まっているところです。
    この部分は集まった形は細密には作り込まな
    いでシンプルにして表現しています。
    白い花びら状のものは総苞片(そうほうへん)
    と呼ばれるものです。
    山法師は4枚の総苞片に花が支えられています。
    総苞片とは花弁を支えるためのもので、花びら
    やガクのようにみえたりします。
    秋には赤い実がなり、紅葉も素敵な落葉樹でも
    あります。
    緑が深くなっていく季節に山法師の清楚な花の
    佇まいに癒されます。

  5. さくらねこ

    ヤマボウシ、とっても清楚に仕上がっていますね♪
    初夏のこの時期、山に入るとヤマボウシの白いガクが緑にまぶしいです
    その感じが、よく出ていると思います
    ああ、緑の山に行きたくなりました♪

  6. ymatsu

    さくらねこさん
    ありがとうございます。
    花の形がシンプルだけに花や葉の向き加減で
    枝の広がりを出すようにと配置を考えます。
    一面に広がる白が木々の緑に映えていいですね。
    そうした山で出会ったときの爽やかな心地を
    出せたらよいなと思いました。
    緑の山の景色、作品から想い浮かべていただけ
    てうれしいです♪

コメントは停止中です。