「野紺菊」

“Hana-Shikishi Wild chrysanthemum”
秋の京都展に向け、野菊の代表格である野紺菊を色紙に表わしました。
しっかりとした硬質なむら染めの土佐和紙で花びらを表わしました。
白い地色に青紫がぼかしたように入っています。
染めむらを活かして花びらの色の濃淡を出しています。
(12×13.5cm)   

nokon-09-s


8 thoughts on “「野紺菊」

  1. shion

    紫の野菊の花も緑の葉も、濃淡の度合いが
    美しく表現されていますね! 秋をイメージ
    した、可憐で素敵な作品だと思います。

  2. ymatsu

    shionさん
    ありがとうございます。
    野菊の素朴で温かみのある風情を色紙に
    表わしました。
    野紺菊は花の中心も星のように光を放つ
    かのようで明るい印象を持っています。
    ガクなど省略できるところはシンプルに
    しています。
    花びらや葉にした和紙のいずれも染色に
    変化があり、そこに味わいがあります。
    またどちらの和紙もきめ細かさと光沢が
    あり、野菊の雰囲気を出すのによいよう
    に感じました。

  3. parismidori

    こんにちは。日々、京都展にむけてお励みのことでいらっしゃいましょうね。続々と登場する作品を拝見してこちらで日本の秋を感じています。それから、金色の寅がとても素敵で、講習もなさるとのこと。来年は分身がたくさんのご家庭で飾られることでしょうね。

  4. ymatsu

    parismidoriさん
    ありがとうごさいます。
    ボルドーのあたりも秋が深まってきたことと
    思います。
    秋色は創作する意欲を湧かせてくれるもので
    すね。
    秋の京都というと紅葉ですが、今年は秋の庭
    を可憐に彩る野の花に取り組んでいます。
    このイベントでは折り紙講習を受けていただ
    けるのも楽しみになっています。
    ご自分で折られた作品を縁起物としてお正月
    に飾っていただけたらうれしいですね。

  5. スウ

    こんばんは。
    さわやかで落ち着いた色合いですね(^-^*
    お仕事帰りで、ほっとしたい時に、
    ぴったりな一品のようで…。
    拝見していると、疲れが癒されていくようです♪
    緑色も鮮やかな緑から、淡い緑へ。
    いつの間にか秋も深まってきましたね。
    今日も涼しい陽気で、うちの近くの葉の色も、
    少しずつ変化がはじまっているようです。
    ymatsuさんの地域ではいかがですか?

  6. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    穏やかで優しい野菊をお部屋に飾って
    楽しんでいただけたらと思い、こうし
    たイメージに仕上げました。
    そっと咲いているところが心を和ませて
    くれる花と思います。
    そうしたところを感じていただけて
    うれしく思います。
    こちらでは秋の七草の藤袴の花がようや
    く咲き始めようとしています。
    葉も少しずつ黄色を帯びたものもあり、
    秋の深まりを感じています。

  7. マロニエのこみち・・・。

    素敵ですね~^^
    コロンとした花芯の部分も可愛いです
    お抹茶のような明るいグリーンの背景も
    薄紫の花を引き立てますね
    これから秋の野草も咲く頃なので、お散歩道を歩くのも楽しみです
    道の脇に自生した朝顔や昼顔の種を見つけたら
    来年のためにそっと収穫しています^^

  8. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます。
    秋は野菊のような素朴で温かな味わいのあ
    るものがよいですね
    お庭でも野辺でも見られる花ですが、そう
    した親しみのある花に一時の安らぎを感じ
    ていただけたらうれしいです
    秋はさまざまな野草の彩りが楽しいです
    秋から冬に向かい植物たちは春に再生する
    ための準備を始め、生きる力強さと温かさ
    を感じる季節と思います
    お散歩で出会った植物たちのお話、楽しみ
    にしております

コメントは停止中です。