花色紙 「海老根」

ebine-15-

春の山野草、ジエビネ。
かつては、日本の広い地域にたくさん自生していました。原種の野生の蘭らしい落ち着いた味わい深い色合いで春を伝えてくれます。
茶褐色のジエビネを手漉和紙の風合い、柔らかさで表しました。
明るく柔らかな葉には、柔らかな揉み紙の質感を生かしました。
“Calanthe discolor”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村