「扇面 山芍薬」

yamasyakuyaku-12-ougi-s

抱え咲きの一重の小さな花を咲かせる優美な山野草。
ヤマシャクヤクの個性を和紙の持ち味で表し、白い扇子に合わせ飾りました。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


「扇面 山芍薬」」への2件のフィードバック

  1. みゅ~♪

    おはようございます
    今日は芍薬ですね(^_-)-☆
    我が家では、濃いピンク色の八重の芍薬が2~3輪鉢植えで咲いています。
    「立てば芍薬・・・」と言いますが、
    台に乗せている鉢植えの大輪の芍薬が、廊下を通る度に、
    堂々とした貫禄のある姿を見せ付け、芍薬独特の香りを・・・
    花で季節を感じさせてくれる、母の園芸の趣味に感謝してます。

  2. ymatsu

    みゅ~♪さん
    ありがとうございます。
    野山に自生する簡素な趣の山芍薬は、葉に対して
    花は小さく控えめなところに惹かれます。
    純白の花色の一重咲きの小さな花ですが、大きく
    開かずに抱え咲きのところにこの花の優美さを感
    じます。
    和紙の白色の持つ温かみと風合いの柔らかさを
    生かして丸みのある花の形を表しました。
    華やかな色合いの芍薬も初夏の陽光に映えて優美
    ですね。

コメントは停止中です。