6 thoughts on “「クリスマスリース 1 」

  1. luna

    クリスマスリース素敵なの作られたのですね
    キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
    赤いオリボンが小粋です☆

  2. hirono

    リース、可愛いですね。
    葉の色もいろいろな緑からなっていて、リボンの
    赤もよく映えていますね。

  3. vasenoir

    和紙、紙を使って立体のパーツと
    ベタのパーツを組み合わせると
    絶対にバランスが悪くて
    美しくないとずっと思っていましたが
    この作品を見たら一気に払拭されました。
    リボンという立体と平面の葉の重なりが
    見事に組み合わされて
    色目もいい具合にコーディネートされて
    変な言葉で申し訳ありませんが。。。
    ぜんぜんステキ。です。

  4. ymatsu

    lunaさん
    ありがとうございます。
    赤のリボン、強制紙でもかなり厚みのあるものを使っています。
    強制紙にも、薄手のものから厚手のものまで原紙のによってかなり幅があります。
    紙の厚みと揉み加工されて出された素材の風合いがインパクトを与えて作品を
    活かしてくれています。
    hironoさん
    ありがとうございます。
    オーソドックスなリースです。
    緑の色を組み合わせて、平面の作品を立体感を持たせるようにしました。
    緑の濃淡の変化で陰影をつける、これは平面の作品ならではの遊びですね。
    vasenoirさん
    ありがとうございます。
    オーソドックスなリースをまず最初にお目にかけたのですが、
    気に入っていただけうれしいです。
    平面の中に立体が一つ混在すると立体の部分が目立ってしまいます。
    平面の表現を立体に近づけて見せる工夫をしていくと、自然に調和してくれるようです。
    恐らく、リボンも平面にすると面白みがなくなりそうです。
    今回は、ヒイラギの葉でリースにしましたが多様な広がりができると思います。

  5. もじずり草

    ひいらぎの葉 みどり色々のリースを考え附かれるなんて さすが!って思いながら 美しいリースを見ています。
    柔らかい絹の質感のリボンをふんわり結んでいらっしゃって 素適!です。
    背景を赤にされているので 余計に華やかさが出ていていいですね~。

  6. ymatsu

    もじずり草さん
    ありがとうございます。
    立体で作っているときは、はっきりとした濃淡、明暗の差をつけると違和感や
    不自然さを感じます。
    逆に平面の場合は濃淡をはっきりつけないと明暗、陰影のないものになります。
    リボンの質感、気づいていただけてうれしいです。
    強制紙の質感が布のような味わいを感じさせてくれました。

コメントは停止中です。