節黒仙翁

朱色の鮮やかな花色が夏草らしい、フシグロセンノウ。花の名が表すとおり、茎の節のあたりが黒紫色になるところに特徴があります。朱赤の和紙の柔らかな風合いによってすっきりとした風情の花を表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。

”Campion”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村