常夏

愛らしい草姿の常夏(とこなつ)。平安時代に中国から渡来したナデシコ科の石竹(せきちく)から改良された、小型の園芸種です。四季咲きのことから、常夏と名付けられ、親しまれてきました。真夏を思わせる鮮やかな赤い花色のものを、和紙の鮮明な色合いによって表し、短冊にあしらいました。

”Dianthus”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村