「江戸からの豆おもちゃ展」より


ニューヨークの日本クラブ、日本ギャラリーにて「江戸からの豆おもちゃ展」(6/28~7/25)が始まりました。江戸末期より続く浅草仲見世通りの老舗「助六」コレクションの江戸の小さな玩具を通し、江戸の庶民の暮らしと伝統的な手わざ、小さなものを慈しむ心を伝える展示会です。

その他、 公文教育研究会の「子ども文化史料」より浮世絵のレプリカの展示、松山祐子(和紙造形作家)による江戸の花文化を紹介、吉徳コレクションよる十二支の羽子板の展示、 鷲見氏(すみし)代々のコレクションによる火事袢纏の展示により、江戸の風情や風流を伝えます。


この企画展の中で江戸の花文化のコーナーにて作品を出展しております。江戸時代に品種改良されて受け継がれてきた代表の花々、江戸で好まれた花々など37点を展示しております。

Cultural appreciation of flowers was only common among the privileged aristocratic class in the chaotic times preceding the politically stable Edo Era of the17th to19th centuries. As social mayhem subsided, the general public gained the freedom of time and resources to develop a deep admiration for flowers.Using traditional Japanese paper craft techniques, added some flowers.

「 江戸からの豆おもちゃ展 」
Miniature Edo-style toys from Japan
In cooperation with Japan Foundation, New York
6/28 (Thu)-7/25 (Wed)
Monday-Friday 10:00 am-6:00 pm
Saturday 10:00 am-5:00 pm
Sunday closed

ご高覧頂けましたら幸いです。詳しくは、リンク先を参照ください。
For details, please refer to the link destination.

主催:日本クラブ
協賛:JCC Fund (ニューヨーク日本商工会議所)
協力:在ニューヨーク日本国総領事館、国際交流基金日本文化センター
監修:木村吉隆 (「助六」五代目店主)、山田英幸 (博報堂クリエイティブディレクター、仕覆作家)
ゲストキュレーター:林祥子

https://www.nipponclub.org/activity_exhibition/

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村