「菊のリース」

“Chrysanthemum wreath ”
9月9日の重陽の節句にちなみ、菊のリースです。
菊の節句とも言われます。
菊の季節にはまだ早いですが、旧暦では花の季節と合います。
菊を和のリースにしてみました。
(12×13.5cm)

kiku-w-s


「菊のリース」」への4件のフィードバック

  1. hirono

    きれいですね。
    色合いとか落ち着いていてみていると
    なんだか安心する感じがします。
    なんとなくおいしそうな気もします。

  2. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    菊を愛でる宴の飾りに使っていただけるよう、白と紫の菊の取り合わせでベー
    シックな形を心掛けました。
    菊の節句が盛んだった平安時代の雅やかなイメージをリースにしたものです。
    紫系でも葡萄色の落ち着いた色合いのものを選びました。
    和菓子の意匠にもありますね。
    安定感を感じていただけてよかったです。

  3. mojizurisou

    古典的な形と色が かえって新鮮で 素敵です。
    白い花びらには地紋が入っていて 優雅で豪華です。

  4. ymatsu

    mojizurisouさん
    ありがとうございます。
    菊も日本の秋を象徴する文様ですね。
    様々な装飾に菊は使われていますが、菊の清楚な姿が落ち着いています。
    白い花びらには砂子は入っています。
    菊の花びらを一枚ずつ重ねて丸みを出しました。
    菊の葉の形も文様としても風情を感じます。

コメントは停止中です。