浅間風露

浅間山麓に多く自生するところに名の由来のあるアサマフウロ。小さな繊細な花を咲かせるフウロソウの中で最も大きく、はっきりとした花色で夏から初秋に向かう山野を可憐に彩ります。薄くしなやかな和紙の色合いと線描によって花の風情を表し、グラスにあしらいました。

“Geranium soboliferum”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村