12 thoughts on “「クリスマスに寄せて」

  1. スウ

    おはようございます。
    和紙の白は、やはり美しいですね!
    天使の服、透き通っているようです(>v<
    翼や顔の白ともまた質感が違いますよね。
    うーん、言葉で上手く表せないけれど、
    素敵な作品でした(*^^*

  2. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    天使、衣装には白の皺加工が施されている強制紙という和紙を
    使っています。
    皺加工された強制紙は洋裁と同じ要領で仕立てることができます。
    雪の精の衣装と比べていただくとこちらの和紙は曲線が出せる
    ところが違いでしょうか。
    翼や顔それぞれ用途に合わせ、選んでいます。
    顔は水彩絵具で仄かに彩色することもありますが、微かな色を
    出すのに頬紅を使って仄かにぼかしています。

  3. 流れ雲

    こんにちは。
    これは素晴らしいの一語に尽きる。
    天使のいる世界に迷い込んだような錯覚さえ覚える。
    村ポチッ!

  4. さくらねこ

    やさしい表情の天使ですね
    白い服のニュアンスが、またやさしさを盛上げてます
    和紙で和洋なんでも表現できるのですね
    ほんと、ymatsuさんのアイデアと表現力に感心します!

  5. ymatsu

    流れ雲さん
    ありがとうございます。
    作品からそのように感じていただきうれしく思います。
    表情や髪に生命感を出そうと試みました。
    厳かで清らかな雰囲気を出したいと背景も白を使い、照明の光による陰影で
    色の変化と奥行きを出してみました。
    背景の左上は白い和紙にごくわずかですが淡い緑のぼかしが入っています。

  6. ymatsu

    さくらねこさん
    ありがとうございます。
    作品は小さいですが、リアリティを出したいと思いました。
    人形では妖精や天使など自由な発想ができるテーマを作る
    ことが好きです。
    和紙は和洋の区別なく楽しめるものと思います。
    人形は撮影の仕方によって世界を広げられるのも面白いです。

  7. mikk

    和紙であっても
    違和感なく素敵なドレスになるのですね。
    そう考えてみると、垣根はないのでしょうね。
    やわらかな感性でありたいと思います。

  8. ymatsu

    mikkさん
    ありがとうございます。
    天使の衣装にした強制紙、ギャザーを寄せるには針に糸を通して
    縫って縮めることもできます。
    楮を素材としていることで、こうしたことも可能です。
    人形に限らず和紙素材のよいところを活かし、広いテーマで
    創作していきたいと思っています。

  9. ijin7wth2

    今日は。
    何時伺っても素敵な作品ばかりですね。
    表情と花束にまず、目が行きました。
    黄金の光に天子の影!
    お陰さまで24日退院しました。
    BLOGはユックリ開店します。
    宜しくお願い致します。

  10. ymatsu

    ijin7wth2さん
    ありがとうございます。
    作品を写真に撮ることで元の作品には表せす
    ことのできない世界を広げてみました。
    最近、写真表現の面白さも深まってきました。
    花束はクリスマスローズです。
    人形が10センチほどですので、ミニチュアにし
    て作りました。
    しばらく更新されておられないので、お体の
    具合が気になっておりました。
    退院おめでとございます。
    いつも温かなコメント、励みになっております。
    四季を捉えた風景をこれからも楽しみにしてお
    ります。
    これからもよろしくお願いいたします。

  11. ひろの

    わぁ、すごい素敵ですね。
    優しさと美しさに溜め息がでるようです。
    素敵な天使に出会えて良かった♪

  12. ymatsu

    ひろのさん
    今年のクリスマスは今までと少し違った
    趣向の作品を制作しました。
    衣装に使った和紙は、皺があることで光
    の陰影によって創り出される色の変化が
    細やかに出せたように思います。
    優しさ感じていただけてうれしいです。

コメントは停止中です。