クリスマスリース 2008 no.2

2008-xmas2

“Christmas wreath “

赤を基調としたリース
今年は麻の葉の文様をリースに使い、ひいらぎの葉に雪を合わせてみました
(12×13.5cm)


12 thoughts on “クリスマスリース 2008 no.2

  1. スウ

    こんばんは。
    前回のバックが緑でしたから、
    今回の作品はそれとは対照的ですね(*^^*
    鮮やかな赤を基調とした作品は
    活力を呼び覚ましてくれそうな、
    あったかい印象を受けます。
    2つの作品を並べて飾るのもいいかも~
    と思いました♪

    返信
  2. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    前回は落着いた緑で森をイメージしたもの
    を紹介しました。
    背景もリボンも赤を使って明るく楽しいク
    リスマスの雰囲気を出してみました。
    あったかさが伝わってよかったです。
    2つの作品を並べて飾っていただけたらきっと
    よいですね~

    返信
  3. 瑠奈

    今年のリースもとっても素敵です
    大きめのリボンが華やかさを強調していますね
    あ!白のサインがしてあるの発見(^◇^)

    返信
  4. さくらねこ

    和紙のクリスマスリース、ステキですね♪
    この間のリースとはまた異なる印象・・・
    リースひとつとっても、色によってイメージが替わります
    それぞれの色を引き立たせるような色の組み合わせを考えておられるんですね

    返信
  5. ymatsu

    瑠奈さん
    ありがとうございます。
    今年は図柄の文様を活かしたかったので装飾
    を抑えています。
    装飾を控えめにした分、リボンを大きく結ぶ
    ことで立体感を出しました。
    台紙も赤なので白を入れています。
    華やかに見えてよかったです。

    返信
  6. ymatsu

    さくらねこさん
    ありがとうございます。
    緑と赤を基調としたリース、今年は文様を活かしシンプルにまとめました。
    麻の葉文様は赤ちゃんの産着にもよく使われてきた愛らしい文様です。
    この文様は赤いリボンをつけるだけでも楽しめると思います。
    色紙は色紙掛(額)に飾ることを考え、合わせやすよう同系色で
    まとめることが多いです。

    返信
  7. Mappy

    クリスマスですねえ。
    洋物のクリスマスリースですが、緑の麻の葉の和紙が和のテイストを醸し出して何かホッと落ち着く感じがします。
    こんなタペストリーを部屋に飾ったら素敵ですね。
    前々回の福寿草もとってもボリュームがあって素晴らしかったです。
    一足先に春が来た そんな感じがしました。
    まだ雪も降ってないのにね。
    (今年は暖かくてこちらも師走とは思えない毎日です。)

    返信
  8. ymatsu

    Mappyさん
    ありがとうございます。
    このリースは幾何学文様の装飾だけでもよいですよ。
    麻の葉文様は今でも小物や袋物にはよく使われて人気が
    ありますし、親しみやすいと思います。
    リボンを結ぶだけのシンプルなものには七宝、市松など
    幾何学文様もおすすめです。
    すっきりとして新鮮に見えると思います。
    福寿草、皆様に良き年を迎えていただけたらと飾ってみました。
    来年は良い年になるとよいですね。

    返信
  9. ひろの

    クリスマスカラーなのに和風で、特別な作品に仕上がっていますね。
    こんなリースと一緒なら素敵なクリスマスを過ごせそうです。

    返信
  10. 豆奴

    前回のシックなリースと違って可愛らしいですね♪
    遠くから見ると、赤い大きなリボンがクリスマス気分を
    グッと盛り上げてくれて、
    近くで見ると、小さなハートや木の実や雪など
    細かい飾りが目を楽しませてくれますね☆
    さりげなく麻の文様を生かせるのも、和紙ならではの作品で面白いです!

    返信
  11. ymatsu

    ひろのさん
    ありがとうございます。
    鮮やかな緑の地色は、愛らしい麻の葉文様と合って
    明るい印象になったと思います。
    幾何学文様ばかりでなく、さまざまな和の図柄も使い方
    次第で愉しみも広がると思います。
    いろいろ試してみたいです。

    返信
  12. ymatsu

    豆奴さん
    ありがとうございます。
    やはり赤を基調とすると明るくなりますね。
    愛らしい文様を使ってシンプルなリースをと
    思い仕上げました。
    リボンは皺加工が強めの強制紙でボリューム
    を出しました。
    細かな装飾を添えると奥行きが出せます。
    せっかくの文様が隠れない程度にアクセン
    トをつけました。
    和紙のクラフトらしさ、伝わってよかった
    です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください