「花短冊 秋明菊」

syumei-giku-1

“Hana-tanzaku Anemone japonica”
楚々とした風情の一重の秋明菊。
紅の花色の秋明菊を和紙の色合いと質感によって短冊に表わしました。
(短冊:36.4×6cm)


8 thoughts on “「花短冊 秋明菊」

  1. NEO

    こんにちは。
    一輪の秋明菊、楚々として秋の風情にぴったりですね。
    短冊の金箔との相性も絶妙です。
    秋明菊は菊ではなくて、アネモネの一種なのだそうですね。
    西洋文化にも思いを馳せる不思議な組み合わせだと思います。

  2. ymatsu

    NEOさん
    ありがとうございます。
    菊という名で呼ばれていますが、葉のつき方
    が独特ですね。
    葉は下の方についていますし、すらりとした
    姿を出したいと短冊に合わせてみました。
    洋の花と合わせてもよいかと思います。
    秋明菊は情緒のある優美な印象の花です。
    短冊も花に合わせて柔らかな雰囲気のものを
    合わせてみました。

  3. shion

    秋明菊がなんともしっとりとして、そして、活き活きと浮かび上がってくるような、素敵な作品です。花のピンクのほのかな感じが、和紙の濃淡で表わされ、葉の独特なつき方や形も、花との調和が良く取れていますね。

  4. ymatsu

    shionさん
    ありがとうございます。
    見頃の花をモデルに実物と同じくらいの大きさで
    短冊にしました。
    なかなかイメージに近づけない花ですが花の力に
    惹かれ作品にしました。
    ピンクの花色には縁に白が入ってきます。
    濃淡のあるところが優しく感じられる花と思い、
    一枚一枚の花びらの変化をつけました。
    花びらの裏側からみたところも赤みがさしたとこ
    ろも何ともいえぬ風情があります。
    そうした花全体の持つ雰囲気を表わしていくこと
    ができたらと思ってます。

  5. スウ

    おはようございます。
    秋明菊、さきほど別のブログさんで
    写真を拝見したんですが、
    本物とまったく違いがないように見えます。
    形だけでなく、大きさまでそのまま再現されたんですね!
    いつもながらお見事ですね(^o^
    3つのお花の花付きの具合がそれぞれ違っていて、
    それも面白いなって思いました。
    蕾のお花も可愛いかったです。

  6. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    花はシンプルですが、開き方や大きさ、向
    きに違いがあります。
    表情豊かな花と思います。
    シンプルゆえにひとつひとつの花の変化が
    際立って見えるのも一重の秋明菊の面白み
    と感じています。
    線が細い花ですので、丸い蕾に動きが感じ
    られるところがよいように思いました。
    短冊にまとめられてよかったです。

  7. 月さん

    はじめまして。月さんです。親友が画家で、僕が彼のサイトの管理をしています。ちょうど秋明菊を彼が描いたので、関連サイトを調べていました。
    素晴らしいクラフトですね。優しいタッチで。
    僕のサイトで、こちらを紹介しても、よろしいでしょうか? よろしくお願いします。

  8. ymatsu

    月さん
    はじめまして。
    コメントいただきありがとうございます。
    作品は市販の和紙を使い、和紙ならではの表現を
    目指しています。
    手漉き和紙の温かさや日本の色を染め上げた色合いも
    魅力のひとつと思います。
    和紙の繊維の強さや柔軟性など多彩な機能を活かして
    和紙の花を表現しています。
    花は和紙の染色をそのまま活かし、素材の持つもの
    によって花のイメージを出しています。
    ですので、素材の和紙によって優しさや強さ、存在感、
    さりげなさなど花の個性にあった素材の選択を心がけています。
    ブログ、拝見いたしました。
    花をテーマにされ、和紙も扱っておられるのもご縁かと思い、
    紹介いただけましたらうれしく思います。
    よろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。