椿を愉しむ

tubaki-15-c-

紅・白・桃色の一重咲きの和紙の椿。
寒気の中に咲く椿は、光沢感のある瑞々しい常緑の葉と樹齢の長さから吉祥の花として愛でられてきました。
紅・白・桃の椿には、それぞれの花の風情に合わせで素材の和紙を選択しました。素材の楮の手漉和紙それぞれの持っているものを生かし花形をと花色を表しました。
敷き紙には、緋毛氈のかわりに緋色の民芸紙を使い、その上に長い繊維が漉き込まれたところに素朴な味わいがある麦入紙を敷き、椿を散らしました。
”Camellia”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村