「花雛」の掛軸飾り

hanahina-11-jiku-1-s

“Flower doll”

桜橘を雛に見立て、裂(きれ)の色紙掛軸に合わせたものです。
日本橋三越での「和紙の雛つどい展」(1/26~2/1)では、桜と橘の雛飾りの台紙に切り継ぎ紙のかな料紙を色紙に貼り合わせたオリジナルのもの用意しました。
切り継ぎ紙は、平安時代を代表するもので36人の歌人の和歌をまとめた西本願寺本『三十六人歌集』(さんじゅろくにんかしゅう)のかな文字による書写に使われた料紙の技法のひとつで、色彩の異なる和紙を切ったものをつなぎ合わせた優美なものです。
切り継ぎ紙を使い雅やかさを出したいと試みました。
色紙は寸松庵色紙(豆色紙)のサイズのものを使っています。
桜と橘の衣裳には、紅白の吉祥文様の向い鶴に亀甲文様の千代紙を使いました。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸造
にほんブログ村

「和紙の雛つどい展」
2011年1月26日(水)~2月1日(火)
日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ

4 thoughts on “「花雛」の掛軸飾り

  1. vasenoir

    今年も ymatsuさんの世界
    素敵な雛たちがつどうのでしょうね
    いつもこの時から年が明けるような
    そんな想いでおります
    どうぞ良いお仕事を!!

  2. ymatsu

    vasenoirさん
    お心遣いいただきありがとうございます
    今年もまもなくお雛さまの季節
    新たな企画を盛り込んでみたいと準備
    を進めております
    作品を通じて多くの方に和紙の良さを
    味わい、和紙から伝わってくる温かさ
    を共有していただけましたら・・・と
    願っております
    今年どうぞよろしくお願い致します

  3. マロニエのこみち・・・。

    こんにちは♪
    まとめて拝見させて頂いております
    花雛というのですか?
    こちらの作品、とても印象的で惹かれました
    金の帯で巻かれたお衣装を纏い、本当にお雛様のようですね
    顔を見合わせて微笑みあっているようで・・なんとも微笑ましい気がいたしました

  4. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます
    菜の花や蓮華草を雛に見立てた花雛は古くから
    あったようです
    雛飾りにされる桜と橘を花の雛に見立てたもの
    です
    最も自分の個性が出ている雛と思います
    菜の花と蓮華草を取り合わせたものと桜と橘を
    取り合わせたものを色紙の雛飾りとして制作を
    しております
    菜の花と蓮華草では素朴な味わいになりますが、
    桜と橘では雅やかな雰囲気が出せるように思い
    ます
    今年の雛展では伝統を意識した選択をいろいろ
    と試みました

コメントは停止中です。