暮春

harunokure-

月影もうつろふ花にかはる色の 夕べを春もみよしの山(藤原俊成女: ふじわらのとしなりのむすめ)
Tukikage mo uturofu hana ni kaharu iro no yufube wo haru mo miyoshino no yama(
Fujiwara no Toshinari no musume)

山の春の暮。花の色が色褪せていくのに従い、月の光の色も移ろって感じられ、”あはれ”に想う感動が伝わってきます。
新古今時代の和歌の妖艶な趣と春の面影を和紙の桜の花びらと背景の料紙の色合いで表現しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村