「菫と水仙」

springflower-11-1-s

「和紙の雛つどい展」
2011年1月26日(水)~2月1日(火)
日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ

和紙の雛つどい展に向けて新たに企画しましたミニチュア植物のシリーズ。
1センチ角の鉢も会期間際に入手することができました。
最小の鉢を使い、春を告げる花の小品を制作しております。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


4 thoughts on “「菫と水仙」

  1. 宮島

    1センチ角!!
    すごい!拝見したいですが、今回予定が詰まってしまい、
    行けそうにありません・・・(TT)
    東武池袋を楽しみにしております!!
    梅の花色紙も素敵すぎです~。

    返信
  2. ymatsu

    宮島さん
    ありがとうございます。
    かつてミニチュア作品を制作してた頃は
    1センチ角ほどのも使っていました。
    かつての作品を覚えておられる方のご意見、
    盆栽店さんの協力があってミニチュア作品
    の企画を実現することができました。
    またお目にかける機会があろうかと思います。
    春の京都展も迫ってきました。
    現在「和紙の雛つどい展」のことだけに集中
    しておりますが、引き続き京都展に向けて良
    い作品をお見せできますよう頑張ります!

    返信
  3. マロニエのこみち・・・。

    本当ですね・・驚きました
    鉢が一センチなら、花の大きさは・・・??
    小さくてもこのリアリティと表現力と・・
    どれだけ器用な指先なのでしょう・・(驚
    いち早く拝見した桜も本物以上に本物らしく素晴らしいですね!

    返信
  4. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうざごさいます
    菫は実物の花とさほど変わらない大きさです
    ミニチュアシリーズでの花の大きさは1センチ
    角くらいで制作したものが多いのですが、和
    紙人形に持たせるとしたらさらに小さく制作
    します
    以前は小さめの鉢が入手し易かったですので
    今よりも小さく作れたのですが、最近は鉢が
    大きめのものが多くなり花の大きさもそれにし
    たがって大きくなってきました
    和紙の強みを活かせるテーマでもあります
    このサイズのものは和紙素材だけで植物全体を
    表現するには作りやすい大きさです
    鉢を探す愉しみも創作意欲に繋がっています

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください