月別アーカイブ: 2019年3月

帆立桜

帆立桜

雄蕊の一本が一枚の白い花びらに変化した形状が優美な帆立桜。一重の花の中心につく花びらの風情を船の白い帆に見立てた名のとおり、悠然とした趣があります。白い手漉き和紙の肌理細やかな風合いと薄口の和紙の取り合わせによって花の風情を表し、竹の花器にあしらいました。

” Cherry Blossoms  Hotate”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

白妙桜

白妙桜

純白の花色からイメージされる名のとおり、 白い花色の大輪の花が清楚な白妙桜。 白色の桜の外側の花びらは、微かな薄紅色を帯び、透明感のある柔らかな質感の花を引き立てます。白妙桜の花色の変化を薄口の和紙の取り合わせで表し、和紙で象った蛤にあしらいました。

” Cherry Blossoms  Shirotae”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

桐ケ谷桜

薄紅色の大輪の柔らかな花が優美な桐ケ谷桜。鎌倉の桐ケ谷にあったことに名の由来があります。一重、または八重となる「八重一重」の咲き分けの桜として「御車返(みくるまがえし)」という別名があります。一重の花が八重のようにゆったりとした風情のある桜を和紙の柔らかな風合いによって表し、陶器にあしらいました。

” Cherry Blossoms  kirigaya”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


関山桜

関山桜

大輪の花が艶やかな関山(かんざん)桜。紅紫のはっきりとした花色が印象的な関山桜は、桜湯の塩漬けに使われ、親しまれてきました。濃い花色の重なりを和紙の繊細な染色としなやかな風合いで表しました。

” Cherry Blossoms kanzan”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村