バラのブーケ

rose-12-b-1-s

板締和紙の光沢感、柔らかな染色を生かした和紙によるバラ。
樹皮の繊維を漉き込んだ和紙と板締和紙を合わせて花包みました。
リボンには縦縞のしぼが寄せられた茶色の柳絞りの和紙を取り合わせ、自然な趣や和紙ならではの風合いを生かしました。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


バラのブーケ」への2件のフィードバック

  1. NH

    我が家の近所にもこんな色合いのバラが咲いています。
    黄色から徐々にサーモンピンクに変わっていって、何とも言えない不思議な色合いです。
    バラの繊細な花びらを表現するには和紙がぴったりなのかも知れませんね。
    この季節、バラを見て歩くのが楽しみです。

  2. ymatsu

    NHさん
    ありがとうございます。
    和紙の落ち着いた染色やしっとりとした風合いは、
    バラの花には良く合うと思います。
    和紙は、素材の取り合わせ方やアレンジの仕方で和洋
    いずれの趣のものを楽しむことができると思います。
    バラの花びらにしたものは紙の厚みや光沢感、染
    色が均一でなく色の混ざり方も柔らかです。
    微妙な染色の変化を生かしながら花びらに表情を出
    しています。
    和紙ならではの色合いや質感を見ていただけたらと
    思いこの色の和紙を選びました。
    葉も光沢感のある和紙を使っています。
    バラの花も咲き方によっても趣が異なっていて、表現
    するのが楽しみな題材です。

コメントは停止中です。